【害虫・害獣被害について 和歌山県】

●太平洋側に面したイエシロアリ警戒地区和歌山県!

和歌山県は多くの地域が太平洋に面しており、比較的温暖な気候で知られています。人口は約100万人で日本の47都道府県中40番目に位置しています。北部の和歌山市を中心に中部のみかん栽培で有名な有田市、何分の田辺市といったところに住宅地が多く存在し、関西のベッドタウンとして栄えています。そのため住宅地からのシロアリ駆除の依頼が多くなっています。

 

●羽アリを見かけたらまずは種類を確認!イエシロアリに注意!

 和歌山県は太平洋側の温暖な気候で、シロアリにとってはとても繁殖しやすい環境であると言えます。シロアリの種類の中でも被害が大きくなるイエシロアリも多く駆除の総宇弾を受けます。日本中で一番多く見られるヤマトシロアリは4月下旬ごろ一斉に羽が生え大量の群れで飛び回ります。イエシロアリはそれよりも少し遅い6月ごろに大群で飛び出すので6月の群飛を見たらすぐにシロアリ駆除の専門業者に相談をして被害を最小限にとどめましょう。

 

●和歌山県内で被害報告があった害虫・害獣は?

和歌山県内ではシロアリ被害の報告が最も多く、被害が大きい種類であるイエシロアリの駆除依頼も多数あります。そのほかにはスズメバチの巣の駆除以来が多く、害獣ではイタチの被害がおおい県であります。また、住宅地でのコウモリ駆除の依頼もあります。被害が多いのはやはり住宅地ですが、ミカン農家など大規模な害虫・害獣駆除の施工を行うこともよくあります。

 

●和歌山県内での害虫・害獣駆除

 和歌山県内あたりからシロアリ被害に関してはヤマトシロアリだけでなくイエシロアリの可能性も大きくなってくるのでまずはどのようなシロアリを判断するところから始めます。シロアリ駆除専門家ではなくてもわかるイエシロアリの条件としては群飛が6月ぐらいでヤマトシロアリよりも2か月ほど遅いということぐらいです。見た目も多少違いますがやはり見慣れない生き物なのでプロの害虫駆除業者に判断してもらうことが一番出ると言えます。

 

 

大きな地図で見る

カテゴリー: 最新情報

シロアリ駆除ナンバーワンはシロアリ保険付き保証で安心テレビ出演情報 シロアリ駆除ナンバーワン シロアリ駆除ナンバーワンとは 防除研究所社長ブログへ 任せて安心の料金体系 本当に怖いシロアリ被害

防除研究所はISO9001取得済み